Follow

本日の書棚から適当に1冊は『うずらのじかん』(マツダユタカ著・実業之日本社発行)。

とある大学の鳥類研究室で飼われているうずらの「うっずー」と、それを取り巻く研究室の人たち。うずらの雄叫びを「ゴキチョー!」と表現してるのは斬新な気がした。たしかにそう聞こえなくもない。実家が飼ってたうずらを思い出す。2018年7月刊。

リアルうっずーと上田教授。

朝起きたら、買ってた卵からヒナが次々と孵化してきた! どうする?(上田 恵介) gendai.ismedia.jp/articles/-/5

Sign in to participate in the conversation
mstdn.ryecroft21.net

ライクロフトのおひとりさまインスタンスです。